映画

2016年4月24日 (日)

NACK5 全ての番組楽曲の検索サービス!!

テニスの壁打ちやってる時や自転車に乗ってる時、散歩の時もよくラジオを聴いています。

ラジオで、あれっこの曲いいじゃん♪、って心に引っかかる楽曲に出会った時、ほぼ曲名を把握できない。

簡単な日本語の言葉の曲名なら、その場で覚えられますが、英語の曲名とか・・いろいろワケわかんないと・・・

ほぼ全滅、その曲調べたいのに・・・

そんな時、NACK5 全ての番組楽曲の検索サービス、は嬉しい。

http://www.nack5.co.jp/onair_search.shtml?year=2016&month=04&day=23&stime=17

Y414

今回は、三代目・・・さんが心に引っかかったんですが・・・ワケわかんない英語・・・ダメだw

上記の検索で一発OK,三代目の文字があるから、この曲のハズw

YouTubeで曲名検索・・・おおっこれだ!!

https://www.youtube.com/watch?v=F1rrhTaDJOM

2016年4月16日 (土)

シューベルト 『アヴェ・マリア』 の音楽分析を始めちゃえ♪

クラシック音楽の音楽理論を、本屋さんで売ってる本で独学しようとして挫折した悲しい記憶が・・・

二十歳頃だったかな・・・まったく理解できなかったw

還暦を過ぎて音楽理論に心奪われそうなのが不思議なんですが、すべてインターネットのおかげ、良い時代なぁって思います。

いろんな方々が無料で解説してくれてるって凄いことだと思う、いろんな考え方があるから何かが見えてくる。

今回はシューベルト 『アヴェ・マリア』 のコード進行を研究することになっちゃった。

https://www.youtube.com/watch?v=2bosouX_d8Y

Y411a

なかなか素敵な解説を発見・・・イントロのEbm7(b5)を見ただけでビックリ・・・なんとか理解したいもんだw

http://ameblo.jp/terauchi-mbank/entry-12020668336.html

Y410

コード進行を調べるテキストにした楽譜はこれだってさw、和音名書き出してもらって、感謝なのです。

http://petrucci.mus.auth.gr/imglnks/usimg/d/d3/IMSLP16400-SchubertD839_Ellens_Gesang_III__Ave_Maria_.pdf

2016年2月23日 (火)

私の音楽の大ファンは私だw 毎日聴いて楽しんでます。

こんなこと書くと、また、攻撃の対象になりそうかな?

私は私の作るメロディーが大好き、何度聴いても飽きない、笑えますか?やっぱ単なる自己愛かな・・・

どの曲が好きだ・・・などと書くと、また激しく攻撃されそうなので、黙っているのです。

それから、どんな曲を作っているか、どこへ発表したか、昔はバカ丁寧に情報として書き記していたんですが・・・

もう、たぶん、そのようなインフォメーションはいたしません、密かに発表します。

--------------------------------------

YouTubeの楽しいのは、私の知らない情報が、あっちにも、こっちにも、転がってる点です。

シルヴィ・バルタンは - アイドルを探せの頃、つまり彼女が10代のアイドル時代しか知らなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=JHu5iWfTADE

Maxresdefault

ところがどっこい、何十年も歌手として歌い続けているんですね、驚いたw 私はこの曲が気に入りました。

https://www.youtube.com/watch?v=hyL3ofoiJ_c

Music video by Sylvie Vartan performing La Maritza (Audio). (C) 2015 SME (France) SAS

70才を過ぎてからのこの歌声に色気を感じちゃうんですがw

--------------------------------------

最近、YouTubeでスポーツ観てたら、ちょっと、気になることがあった。

日本の女子卓球、才能ある若い子が目立っているんで観てるんですが・・・

いきなり、関連動画が全部、1分ちょいの短いのばかりになった、その一つを見てみた。

Y380c

Y381c

Y382c

BUTTEFLYって確か卓球用具のメーカーだよね、私も偶然BUTTEFLYの靴持ってる。

なあんかぁ・・・すっごく複雑な気分になった。

今日 ( 2016/02/23 ) 検索してみたら、検索上位ランキングから姿を消していた・・・

やっぱ、複雑な気分だ。

2016年2月20日 (土)

親友ミッキー返信で私の作曲スタイルがハッキリ見えた!!

古い親友ミッキーと遅まきながら新年の挨拶メール交信をした。その何気ない文章の中で引っかかる言葉が・・・

今年の私は、初音ミクのボーカルだけじゃなく、全パート完全オリジナル作品を作って行く旨伝えた。

返信の中で・・・音楽も大作を作ろうとゆう意気込み、スゴイです・・・と書かれている。

あれれ・・・あれれ・・・なんか変だぞ・・・

大作・・・って言葉が妙に引っかかる!!

--------------------------------------

ここ一年、全パート完全オリジナル作品って何だろう?どうやったら作れるのか・・・等々考え悩み続けてきた。

私は楽器演奏が下手っぴぃで、もし上手いとしても、一人で各パートを録音とか無理っぽいしなぁ・・・

AKB48なんかの音楽を調べてみても、買ってもらえるクオリティーは驚くほど高いしな・・・

--------------------------------------

そんな中で、私の憧れは、オーケストラや演奏がめちゃくちゃ上手い音楽家たち、もう羨ましくてw

私は勝手にコラボレーションってスタイルを生み出した。例を出したら限がないんですが・・・

【AKB48】 柏木由紀のキス 「何 して遊ぼうか?」   

https://www.youtube.com/watch?v=dQHxj81FnkA

Y281a

--------------------------------------

ビートルズとの動画をYouTubeで調べていて・・・あれれれ・・・私って歌好きなんだって、改めて思った。

そこで極端に走っちゃう!!

私はメロディーメーカーだ!! アレンジャーでもプレイヤーでもマニュピレーターでもない!!

演奏がヘタクソでも、初音ミクの歌がヘタクソでも、それでも聴き手の心を揺さぶる歌を作れば良いのだw

それほどの効力はないと思うが・・・

水着撮影 !! 可愛い~♪ (HKT48) 松岡菜摘 × 兒玉遥 × 宮脇咲良   

https://www.youtube.com/watch?v=AZ88ejNvL-U

Y273a

--------------------------------------

オーケストラってやっぱ大好きw、でもさぁ、ヘタクソなピアノしかも単音のアルペジオだけ・・・うぅぅ~ん・・・もうちょいかw

こっちに突っ込もうっと!!

2015年12月13日 (日)

服部幸應 WELL TASTEの音楽が素敵なのだ♪

日曜の12:00〜12:55、NACK5で「服部幸應 WELL TASTE」って番組やってる。

服部幸應さんって、料理研究家として有名な方だ。

Y367

「食」に関する様々な情報を発信している番組ってことだから、そのような内容なんですが・・・

私が驚くのは話の合い間に流れる音楽の趣味が良いったらありゃしない。

---------------------------------------

NACK5の他の番組、朝から晩まで、私が興味をもつ音楽が流れたことがないw いやそれどころじゃない・・・

音楽が流れ出すと生理的拒否反応で瞬時他の放送局に変えちゃいます。

朝の大野勢太郎「ウォーミングアップ・ミュージック」から夕方の黒田治「夕焼けヘッドライン」まで、その選曲は私を悩まします。

---------------------------------------

ところがどっこい、「服部幸應 WELL TASTE」の選曲は私好みってか、とっても素敵なのです。

01:まず、その曲の宣伝のために流す訳じゃないみたいだ。その曲を売らんが為の行為じゃないようだ。

02:そのため、今、セールス中の曲じゃないから、何十年前の音楽でもかまわず流してくれる。

03:その選曲がめちゃくちゃセンス良くて、私が聴いたことがない素敵な曲に出会えるのだ。

例えば今日の選曲:

Y368a

恥ずかしながら、聴いたことある曲が一つもなかったw、こんな素敵な曲が一杯あるじゃんか、って感じです。

しかも、荒川ケンタウロス「冬の星座」なんて曲は、そうとう長い曲なんですが、全部流しちゃったと思う。

冬の星座(文部省唱歌)とはぜんぜん違う曲です、はいw

私の当てずっぽうですが、この曲を最初から最後まで切らないで流せる民放の番組なんて他にないんじゃないかな・・・?

YouTubeで調べてみたが、この曲は発見できない、ってことは、まぁそうとうマニアックな曲だと思うんですがw

-------------------------------------

柿原朱美「雪の週末」を「調べてみると・・・作詞:岩里祐穂 作曲:柿原朱美 唄:今井美樹・・・なるほど。

YouTubeで調べてみる、運よく二人のバージョン発見!!

唄:今井美樹

https://www.youtube.com/watch?v=Y9umIZ13zqc

唄:柿原朱美

https://www.youtube.com/watch?v=SlWZDIw2ZZ0

Y369a

今井美樹さんバージョンじゃなく、作曲者本人の唄バージョンを選曲するあたりが、この番組のセンスなんじゃないかとw

-------------------------------------

もちろん、料理好きな方や家庭で主婦さんなんかにゃ、たぶん、めちゃくちゃた有益なお話をしてくれてるハズ。

この番組のファンで毎週欠かさず拝聴するリスナーさんって多いと思います。

料理番組なのに素敵な音楽を届けてくれる。今、私にとっては、最もフィットする番組。感謝、感謝なのです。

毎週日曜、放送の度に、ゾクゾクって感じます。

2015年11月27日 (金)

心を奪われたのは音楽だと思った・・・映像かな・・・

久々、ストライクな音楽を発見したと、その時は思った。もう一年以上前のことですが・・・

https://www.youtube.com/watch?v=AIXUgtNC4Kc

Die Antwoord - "Fatty Boom Boom" (Official Video)   

Y366a

めちゃくちゃ興味をもって、YouTubeにあるDie Antwoordの作品を集めて研究していた・・・

最近、ふっと思った、この映像がなかったら・・・例えば、ラジオから初めて流れていたら・・・って想像してみた。

今の私、かなり感受性が鈍ってきている私は、たぶん強い衝撃を受けなかったと思う・・・たぶん。

この映像があって、音楽と組み合わさって強烈な印象を与えるのだろう。

--------------------------------------

さて、今回、気づいた最大のポイントは・・・

完全に映像にダマされた、ライブ感をうっかり信じちゃった。ボーカル・・・あとはパーカッションの音しかないがw

特に女性の声はメチャクチャ気持ちいいが、言葉一つ一つのキレの良さはステージでは反響音があり不可能。

1:この音楽はステージの上で歌って表現できるものではない。

2:コンピュータで録音した声を徹底的にキレ良く編集したものだと思う。

3:なのに、まるで野外で歌っているように錯覚しちゃう。

--------------------------------------

音楽を音楽以外の要素を完全に排除して鑑賞するなんてことは不可能。

・・・困った、神だと思ったDie Antwoordに対する興味がしぼみつつあるw・・・まぁもう少し研究しようかな・・・

何を言いたいのか完全に見失ってますw

2015年11月18日 (水)

薬師丸ひろ子の楽曲を調べてみる♪ すっげぇ~!!

いろんな作曲家が一人の歌手に曲を書いている。なんでなんだろう?って、ふと思った。

最初に、薬師丸ひろ子さんの楽曲を調べてみる。

NHKで放映した 薬師丸ひろ子 35周年記念コンサート を前にたまたま観て、今更ながらめちゃくちゃ興味をもった。

Y363a

しばらくして、ってかYouTubeで彼女の楽曲を調べている内、三つの興味が湧いてきた。

1、何故、いろんな作曲家達が素敵な楽曲を書いたのか。

2、その曲がヒットした当時の歌い方と今の歌い方の比較。

3、私が知らない曲はないか。

--------------------------------------

今夜はここまで、さぁ、調べるぞw

2014年8月 2日 (土)

伊福部昭 - ゴジラ (1954) 同じフレーズを繰り返す効果と解説。

NHKの番組 音で怪獣を描いた男~ゴジラVS伊福部昭~ を拝見した。

タイトル=伊福部昭  -  ゴジラ  (1954)

http://www.youtube.com/watch?v=f_WuEozpFiE

Mix559

この曲が恐ろしいんだが・・・NHKの番組の中でこの曲は、同じフレーズを繰り返す効果、と解説されていた。

あんまりにも強烈に印象に残るフレーズなんで、このフレーズが繰り返される効果ってことは考えなかった。

確かに、どんなに強烈な印象に残るフレーズでも、繰り返されなかったら見逃してしまうのかもしれない。

これって現代のテレビCM理論なんかと同じなんだろうけど・・・

音程の説明で、ドシラ、が繰り返されるとのこと、そりゃ、そうだが、強烈な印象を与える音の並びが、ドシラ、と言われても困るw

ドシラ、って並びは、もっとも一般的な音の並びの一つだからw

-------------------------------------

ここからは私の音楽解釈ですが

美は乱調にあり・・・の最高な表現なんじゃって思うわけです。

何が乱調かってリズム。4/4  5/4  4/4  5/4  3/4  (or 4/4  4/4  or 8/4 )

5/4  3/4  は 4/4  4/4  とも  8/4  とも考えられるが・・・

このように拍子を歪 (いびつ) にして強烈な印象に残るフレーズを作り出したことが凄い!!

もちろん、その曲にドンピシャな演奏があって実現したわけですが・・・

大体、99.99%の現代音楽作家は理論倒れに終わり、何一つ印象に残るフレーズなんて生み出せていないのだw

-------------------------------------

天才って何だろ?って考えるんですが・・・

一度聴いたら、一生忘れられない強烈な印象を与える曲を作る人。

も、ストライクだと思う。

フォト
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30